日本語 English 大きくする 標準 小さくする

BLOG

次へ>>

新月[Kiyomi's blog]

投稿日時:2011/06/30(木) 09:51

明日は新月です。(17:55)

なりたい自分、手に入れたいのもを出来る限り具体的に視覚化し「新月の願い事」をしてみましょう。必ず実現します。

タラソセラピー[Kiyomi's blog]

投稿日時:2011/06/30(木) 09:30

東京滞在はまたまた楽しくがんばれました。おとといの夜に沖縄に戻り、昨日からは主婦に戻っての日がスタート。

主人も同じ日に戻ったので、その日の夜に旅の形跡を全て片付け、次の日からは日常に戻れるように。でないと、切り替えに時間がかかり、時差ぼけなども抜けにくい。

昨日は彼のオフィスに行く用事があったので、そこから30分ほどのところにあるタラソセラピーリゾートに足を伸ばしてみた。

カンナタラソリゾート

徳島や千葉の勝浦にも同じような施設がありますが、ここはもっと気軽に楽しめる感じ。日焼けも心配なく海の水を楽しめるので沖縄に来たら是非。

ドライブがてらに行ってもきれいな風景が広がっているのでそれも楽しめます。






明日から[Kiyomi's blog]

投稿日時:2011/06/21(火) 22:27

明日から東京。ちょうど旦那さまもDCに(また)出張に行ってしまったので時間に少し時間に余裕がありそう。

今日は一人だったので、何かと彼に甘えてしまう自分を律しようと一人でガソリンを入れに行った。というもの、苦手だった車の運転は完全に克服し、むしろ楽しいと言えるようになってきたものの、ガソリンを入れた経験がこれまでほとんどなかった。

日本のガソリンスタンドでも、セルフサービスのところもよく見かけるようになってはきたが、我が家ではベース内で給油するので完全セルフサービス。

ガソリンをコボしてしまって爆発したらどうしよう!とか、給油中に止まらなくて溢れてしまったらどうしよう!など訳の分からないことを想像してしまっていた私。旦那さまにそれを言うと「過去にそんな話し聞いた事ある?」とあきれ顔をされていた。

そう言われてみればそんな話はニュースなどでも聞いたことはないと思いつつも、これまで避けてきたが、今日はがんばってみた。明日は一人で空港まで運転をして、帰りは彼と空港で待ち合わせをして戻ってくるのでやらねばならなかったから。

一人でできた。嬉しかった。「はじめてのお使い」な感じ。

彼に報告すると「GOOD JOB!」と褒めてくれた。褒められてまた嬉しかった。

ささいな日常の挑戦でも自信に繋がる。ましてや周りの人がそれを認めてくれたらもっと自信になる。

自分に小さな変化をおこせたことに感謝。


ゴーヤ[Kiyomi's blog]

投稿日時:2011/06/21(火) 09:59

今、沖縄県産の野菜がとても少ない。そして値段が高い。

先日の台風2号の影響。

道の駅やファーマーズマーケットでもお店の中は品薄。スーパーでは本土からの野菜が去年より多く見られる。

特にゴーヤは多くが被害を受けたそうで、この時期は1本100円ほどだったものが2.5倍ほど値上がっている。

農家の方々、本当に大変だと思います。我が家では主人の泡盛予算を減らし、県産野菜予算に加える予定(笑)。

『ちばりーよ(がんばれ)、沖縄!』

帰国[Kiyomi's blog]

投稿日時:2011/06/08(水) 19:23

慌ただしい旅からおとといの夜に帰国。主人との旅はどうしていつもこんなに強行スケージュールなんだと言う感じ。

そんな中、DCへ向かうフライトで、なんと2件も医療緊急事態が発生。テレビで見た事のあるいわゆる「ドクターはいますか?!」のアナウンス。日本人男性が倒れた。脈がないという。

ちょうどトイレに立っていた主人が早速駆け寄り診断、そして処置。無事助かった。

でも、診断&処置の間にこのままフライトを続けるか、最寄りの空港に降りるかの決断を操縦士から求められる。すごく大きな責任。

目的地まで行かなければ、航空会社の損害は多大なものに。でももちろん命が一番最優先。今回は主人が様子を見ながら行くということで目的地まで飛行。

そして、ビックリなことにというか当然ながら、長ーい診断書も書かなくてないけない。

その診断書も書き終わり、自分の仕事を始めると、赤ちゃんが高熱で引きつけをおこしているという。ビックリ。また主人が出動。

そしてまた診断書。

後から主人の友人たちに聞くと、大変な責任なので手を挙げるのをためらうドクターも多いという。少し分かる気がした。

でも彼は「えっ、当たり前のことだよ」と。惚れ直した。(なので夕べは彼の好きな手巻き寿司の日に。)

と、まさに寝る間もなくDCに到着。夜7時くらいだったので、主人の友人たちと食事で次の日の準備も。

今回の旅のメインは主人の親友のリタイアメントセレモニーへの出席。ホワイトハウスからの参列者があったりかなりの大きなものでその後もパーティーがあったりと大変なもの。2日がかり。

それが終わるとサンフランシスコ経由で、ネバダ州リノへ伯母さんと伯父さんに会いに。みんなで楽しく夕食を。

ネバダと言えばギャンブルの街。もちろんそんな気も時間もないので派手なネオンを楽しんで終了。

次の日の朝にはまたサンフランシスコ経由で帰国路へ。

できるだけ飛行機には乗りたくない私、でも今回は乗りに乗ってしまった。

でも楽しいすばらしい旅でした。


次へ>>